top of page


毎年初め、書初めを目にすると思い出すことがあります🖌

子どもが小学生の頃

授業参観にいった時の事。

3年生の娘のクラスの壁に、書初めが飾られていました。 新年らしく「春」🌸「夢」🌷のような言葉の中に「寝」💤と書かれた書初め。

おっとー、こんなふざけたこと書く子もいるんだー。面白い子もいるもんだ🤣

娘は「何の文字書いたかな〜」

「きちんと書けてるかな〜」なんて思いながら探しました。そしたらね、、、。

はい、お察しの通り「寝」と書かれた書初めには娘の名前が、、。 「嘘でしょ💧」

「恥ずかしい💦」

「おうちでどんな教育してるのか先生が思っただろうな😭」

でね、おうちに帰ってきて、

叱り💢ましたよね。

「どうしてそんなふざけた文字にしたのか」って。 帰ってきた答えは

「好きな言葉でいい」って言ったから、

「先生に漢字を聞いて書いた」って答え💧

今では、家族で

「おかしいね😁」

「親の顔が見てみたい😁」

「いや、あなたの親とおんなじですが🤣」

な〜んて笑い話だけど。 あの時は、「なんで反抗するの!キーッ」💢でした。

なんで怒るかってね

脳裏に担任の先生の顔が浮かんでました。はい。

「寝る、って漢字教えて」👧

と言われた先生は、娘のことをどう思っただろう💦

「ダメなお母さんと思われる」

「書初めを見本通りの文字を書くべき」

「勉強は真剣に取り組まねばいけない」と、

娘の姿を通した親の評価を非常に気にする私

べき・ネバを娘に押し付けようとした私

自分がどうみられているか、嫌われないか、

人の目ばかり気にする超ネガティブな私がいました。

でもね今思えば、

その学年終了後、担任お先生とは一度もお会いすることはありません。

だったら、先生の目を気にすることは全くない。

他人の評価なんて、気にすることなかったんです✨✨✨✨ それよりも何よりも、

「寝」とかいた娘の気持ちを聞いて一緒に楽しめば良かった😍

誰の真似でもない自由な発想を認めてあげれば良かった🤗

今ならわかる

そのほうが娘の自己肯定感は上がったがろうに⤴️⤴️

子どもを自分の評価のバラメーターにすることはど、馬鹿げた子育てはない、と。 あの時の自分に伝えたい。

小さな失敗も笑い飛ばしたほうが絶対に幸せ。

「この子は素敵の子💕に育つよ、笑顔😃を見せてあげて」と。

こんなしくじり先生な私なんです。

失敗したから分かる、本当に進むべき子育ての道のり。

遠回りしてきたけど、すぐ近くに正解があった。

それに気づいてなかっただけ。

だから、こそ 私に伝えられることがあります。

あなたの子育てを全力で応援しています。







12月に3回にわたって

「思春期ちゃんとの接し方講座」を開催しました。



その内容はね 🌟1日目:思春期ちゃんとの気持ちの寄り添い方 🌟2日目:自分自身を理解して癒す

🌟3日目:思春期ちゃんへの声かけ色々


という内容でした。 ご感想

🌺

「思春期の子ども自身が自己否定しながら脱皮しようとして苦しんでいるということを知りました。これからの子どもの見方や接し方が優しくなれ寄り添う気持ちが強くなりました。」


🌺「思春期の子どもが今どんなことを思っているのか、体の変化、心の変化を理解することができました。今までとは違う接し方を教えてもらって、早速試します。」


🌺「思春期という言葉にとても苦しくなったり反応していましたが、広い意味で思春期の捉え方を学び、変な不安がなくなりました。 また、親や特定の人にだけ反抗するのが理解できなかったのですが、その答えもわかり納得でした。」


🌺「どんな言葉をかけても、うまくいかない気がしていましたが、こういうふうに話せばいいのかわかり安心しました。」


🌺「アンガーマネージメントについって知ることもできたし、イライラすることもポジティブ変換する方法を聞いたので、いい親子関係を築いていきたいと思います。」



とてもたくさんのことに気づかれ、深めた皆さん、早速、実践されて変化を感じていらっしゃるそうです。



講座受講後、子育て相談のお時間をプレゼントさせていただきました。

それも嬉しいプレゼントだとお喜びの声を頂いてます。



次回開催は、3月の予定です。




お申し込み締め切りまであと3日


今週金曜日14日の夜の

「褒めない褒め方レッスン」をチラ見せ👀しちゃいます。


🌟心の中の仕組み

🌟怒りの取り扱い

🌟子育てで褒めると良いこと

🌟自己肯定感の高くなる褒め方

🌟褒める子育て褒めない子育て



・子どもを褒め手伸ばすとは、よく言われていることですよね。

ですが、賞罰教育を否定するある心理学では、

褒めて育てるのは良くないと言われているんですって。


その教育法では、褒めるより「〇〇る」👆が大事‼️

と言われているんです。


それに基づいた教育法もたくさんありますが

子育てに大切な自己肯定感を育てる上では、私は、どちらも大事だと思っています。


では、毎日の生活の中で、、どんなことをしたら良いかというと、、。

それは

講座の中でしっかりとお伝えしますね。


さて、「褒めないほめ方レッスン」過去20名ほどの方に受絵いただいています。


みなさん口を揃えて「心のこと面白い」って言ってくれます。

この心の構図がわかれば、穏やかな子育ての第一歩になります。

要チェック⏬⏬

bottom of page