私が、体調不良で保育士を辞めた時

本当は、

人生で1番悩んでいる時だったのね。

体調不良、人間関係不良、精神的不安

家族関係の不全、親子関係の悪化。

これでもかと言うほど、どん底だった。

今までの保育士として

キャリアを捨ててしまうのは、なかなか踏ん切りがつかない。

だけど、

いま、仕事を離れなければ、

身も心も自分が壊れてしまう。

毎日そんな不安に取り憑かれていました。

そんな時に出会った

子育て心理学協会の入門講座。

この講座に出会って、

「これだ」と私の中に星が降りてきた。

保育士として大事にしていること、

やりたかった、心理学の学び、

どっちも一緒になってる。

「見つけた!!」

沖縄で開催しているか?

調べたたら、インストラクターさんがいた!!

講座も開催していたーーー。

早速申し込んだよ。金額も確認しないで🤣

そして、受講したら

嬉しくて嬉しくて、震えた。

武者震いと言うのを初めて体感した。

私がやりたかったにはこれ!!

この講座のすごいところは



子育てに関することだけではないんです。

受講している保護者のメンタルが整い、

勇気付けられるんです。

子どもが、愛おしくて愛おしくてたまらなくなるんです。

そんな講座なんです。

この講座を受けると

【お母さんの変化】  ・子育ての迷いが減る  ・子どもとの関係が良好になる  ・お母さんの心の軸が安定する  ・不必要に子どもを怒鳴らなくなる

【子どもの変化】  ・かんしゃくが減る  ・きょうだいが仲良しになる  ・言えばわかる子どもに変わる 

 ・自分から進んで行動出来る

と言うことが起きるんですよ。

ぜひ、体験しにきてくださいね。



与座保子 「ココロ貯金®」スピード 入門講座【オンライン】 - リザスト思春期|子育て相談|カウンセリング|心理学|保育士| ハッピースマイルM&K 子育てコンシェルジュ 与座保子resast.jp


両手全開、ハグの準備をして待っています。



宇宙大の心の広さを

そう願って、私の息子の名前には

「宙」の文字を名前をつけました。

心の器の大きい人になって欲しいと願ってね。

息子も、学生時代には「宇宙」に関係した仕事をしたいと夢を語っていたほど、宇宙へ想いは親から子へ伝染していったんですね。

子どもの名前は

親が我が子に1番最初に渡す プレゼントです。

想いもたくさんこもっているワケですよね。

我が子の名前を呼ぶのは、

「大好きだよ」と言っているのとおんなじ。

たくさん、我が子の名前を呼んであげてくださいね。

そうすることで、お子さんの自己肯定感が高くなります。

えっ、私の名前?

丸裸月間だからね。

私の名前のことも話さないとね。

私の本名は「保子」という漢字を使います。

両親の仲人さんだった、白保のおじちゃんが

お名前の一字とってつけてくれたらしい。

小さい頃は「美」という字がついてる名前の友達が多くて、

ちょっとばかり古くさい名前だと思ってました。

高校3年生になった時

進路のことで

私はめちゃ悩んでいたんです。

手先が器用でヘアメイクが好きだから美容師か、

糸井重里さんに憧れてコピーライターか、

長女で面倒見が良くて子どもが好きだから保育士か(当時は保母ね)にしようか、

3択で悩んでいたわけです。

我ながら、夢多き少女だったなぁ。

当時、


勇気がなくて、思春期の反抗期らしこともでできないくせに

「なんとなく親のいう通りのレールには乗せられたくない。」

「親の言う通りの人生はつまらない」

と感じていました。

今考えると、

そう思うことが唯一の反抗の形だったな。

(勇気を持って反抗でもできたら、もっと違った人生も歩んでいただろうか? と、ちょっと考えたりする)

なのでね、

親があんまり勧めない保育士の道を進もうかと。

それに、私の名前【保子】だし、保母になれ‼︎

って名前だよね。

そんな風に考えて、保育科に進学。

そしたらね、

保育について、学ぶことの全てが知りたかったことで、めちゃくちゃ楽しく学べた授業ばかりだった。

素敵な同級生にも出会えて、めちゃくちゃハッピー。

短大の学生時代は、とても充実した日々を過ごしたなー。たった2年だけど、それはそれは、何倍にも匹敵する濃〜い時間だった。

思い込み通り、名前に従って保育科に進んで

大正解。

初めて自分で自分の道を選んで進んだ気がしたな〜。

ここから自立の道になっただろうと思う。

余談

当時は、バブル時代全盛期で、女子大生がモテモテの時代、

みんなが奢ってくれるもんだから、調子に乗って遊び呆けてたな😅

学びながら、バイトしながら、遊びながら、

忙しい毎日。

バイト仲間とディスコにも毎週通って

夜遊びしまくり、頻繁に朝帰り。

今考えたら、何度も危ない橋渡ってたことも。

怖いもの知らずだった。

なんともっと怖いことに、

月曜日の1講目の時間は寝坊して欠席ばかり、

一般教養の「コンピューター」という単位を落としてしまったよ😅

よくぞ、道を外さなかったと思うほどだわ。

これは、私の黒歴史、、、。

と同時に

まさしく✨青春時代だったわ〜。

講師の時は真面目な顔して語ってるけどさ、

やらかしちゃった経験ありなの。

我が子にはあんまり言えない🤣

でも、それが

人としての幅や深み、あそびの部分になったこと間違いなし。

丸裸月間第一弾

やすこの黒歴史も暴露でしたね。

これからもまだまだ、脱ぎ捨てるからね。

お楽しみに。






実は、我が友「パソ子さん」が突然帰らぬパソコンとなりまして、

あたりまえだった生活がいかに快適だったかという

今更だけど感謝を覚えています。


息子のお古を引き継いで、1年ちょっと

本当によく働いてくれました。

「パソ子さん」ありがとう。


この気持ちになるまでは、

「何が悪かったんだ」

「やる事いっぱい計画してたのに」

「嫌だなぁ」

「くっそー」

なんて思って、悔しい限り、

いろいろ調べて、できることやって、

修理しようか店舗にも行って、、、。


受け入れられ無い自分にも嫌気が差して。


あっ、

これって、思春期の子育てに似てる。


どうあがこうが、怒ろうが、悲しもうが、

結局は、

受け入れて柔軟に対応するしか方法がない。

認めるしかないんだよね。


「ここまでのワタシにしてくれてありがとう」と、

感謝を伝えていくしかなくてね。


そう考えたら、次に進めるワタシがいたよ。


パソ子さん

今まで本当にありがとう、感謝している。


あなたがいてくれたからこそ、知らないこともたくさん学び

あたらしい世界にも連れて行ってくれた。

人脈も増えつながり、ひとまわり大きくなれた。


新しいワタシにステージアップするよ。