「我が友 パソ子さん」




実は、我が友「パソ子さん」が突然帰らぬパソコンとなりまして、

あたりまえだった生活がいかに快適だったかという

今更だけど感謝を覚えています。


息子のお古を引き継いで、1年ちょっと

本当によく働いてくれました。

「パソ子さん」ありがとう。


この気持ちになるまでは、

「何が悪かったんだ」

「やる事いっぱい計画してたのに」

「嫌だなぁ」

「くっそー」

なんて思って、悔しい限り、

いろいろ調べて、できることやって、

修理しようか店舗にも行って、、、。


受け入れられ無い自分にも嫌気が差して。


あっ、

これって、思春期の子育てに似てる。


どうあがこうが、怒ろうが、悲しもうが、

結局は、

受け入れて柔軟に対応するしか方法がない。

認めるしかないんだよね。


「ここまでのワタシにしてくれてありがとう」と、

感謝を伝えていくしかなくてね。


そう考えたら、次に進めるワタシがいたよ。


パソ子さん

今まで本当にありがとう、感謝している。


あなたがいてくれたからこそ、知らないこともたくさん学び

あたらしい世界にも連れて行ってくれた。

人脈も増えつながり、ひとまわり大きくなれた。


新しいワタシにステージアップするよ。