「相手の利き感覚感覚を理解する」


NLP(神経言語プログラミング)で 人は情報を収集するとき優先に使う場所があり 「視覚」👀「聴覚」🦻「身体」🏃‍♂️の感覚の3つ NLPのVAK理論により * V(Visual)・・・視覚 * A(Auditory)・・・聴覚 * K(Kinestic)・・・身体感覚 見て情報収集するのが得意な人 聞いて情報収集するのが得意な人 体験して情報収集する方が得意な人 がそれぞれいるんです。 私は、見ると記憶に残りやすいので視覚優位 娘はオノマトペや擬音語を多く使うので聴覚優位♪かと。 保育士時代にこの感覚を知って、 「先生の目を見て」👆 と視覚にばかり気を付けていたのが 「しっかり聞いて覚える子もいるのね💕」 に変わりました。 このVAK理論の考え方を活かしていくと、 子どもの特性を活かした子育てや保育ができます。 あなたは自分の優位感覚知りたくなりましたか 子どものミカタ・ハッピースマイルM &K