top of page

「2時間の癇癪が10分に減った」   子育てカウンセリング

天使の顔をしたヒールな子 なっちゃんママ(仮名)に出会ったのは、 私が関わっているフリースクールの先生の紹介でした。 「子育てに困っているママの相談に乗ってあげて欲しい」 とのこと。 その後、 ママのなっちゃん(仮名)からすぐにお申し込みがありました。 ママなっちゃんが我が子のことを 「天使の顔をしたヒールな子」と。 パパが外国籍でママが日本人の5歳の男の子、トムくん(仮名)。 本当に可愛くて「天使のような子」 とよく言われていたそうです。 だけどね、 手に負えない子育てに、ママなっちゃんは 心も壊れてしまいそうな程、 困り果てている。と。 2時間平気で泣き叫ぶ癇癪 ママなっちゃんの話を伺うと 家族みんながトム君に振り回されて 一日のリズムも整わない。 気分屋のトム君は、気に入らない事があると 2時間平気で泣き叫び、 「ママが〜〜〜〜〜〜〜〜〜」 と、大声で泣き叫び、 妄想できるありとあらゆる言葉を並べ、 事実とは全く違う事を叫び続けるという、 近所の方に虐待を疑われ 通報されないかのレベルだったと。 こうなると、 ママの怒りのスイッチも爆発。 怒りやら・悲しみやら 家中がヒッチャカメッチャカ。 ちょっとおちつくと どうしてなんだろう 自分が悪いのか 愛情が足りないのかと 自分を攻め続け、 家族みんなで子育て迷子になっているとのことでした。 処方1「悪い方の成功体験を積ませない」 泣き叫んだ挙句、 トム君は、自分の思い通りに みんなを動かす事ができたという 成功体験が出来上がっているわけです。 この成功体験は、 ちょっとずつ積み重ねて、 彼にとっての唯一の方法となっていました。 その方法は、家族にとっては 残念だったわけです。 カウンセリングでママのできることの実践 カウンセリングでママにできることを お伝え、実践してもらいました。 現在までに、5回のカウンセリングを重ねたところ、 2時間もの長い泣き叫ぶ暴れる、癇癪の時間は なんと、10分に!! 何が変わったかって、 ママは、やる事がわかって、 自信を持ってお子さんに対応できていることです。 一人じゃない心強さ 私が心がけていることは、 伴走すること。 子育ては、お子さん一人一人の対応が違います。 たくさんのお子さんを見てきた私ですが、 お子さんへの1番ベストな方法を いつも一緒に考えます。 子育てに伴走してくれる人がいるって、 ココロ強いですよね。 そんな私が両手を広げて待っています。 困ったことは、 悪化する前に 専門家に助けて貰いましょう。 『子育て相談カウンセリングご案内』こんにちは 子育て心理学カウンセラー・インストラクター【沖縄】子育てコンシェルジュの与座保子です。 【子育て相談カウンセリングご案内】ママの思いに寄り…ameblo.jp

最新記事

すべて表示

久しぶりにブログを書いています。 この4月から、いろいろ変化がありまして、 あたらしい道をあゆみ始めています。 4月からの新しい職場 この4月からは、保育行政の一端を担う仕事をしています。 現場に立ち入り、調査や指導するっていうお仕事なんです。 それまでも、週2日程度に同じようなお仕事をしていましたが、 この4月からは、部署が変わり、 週4日のがっつり現場に入る業務になりました。 仕事が変われ

bottom of page