【傷つきやすい子の注意の仕方】















繊細なお子さんは、ちょっとの注意で、

とても傷つきやすいんです💔。


こちらはそんなに強く注意したつもりはなくても、

深く反省したりする性質ですのでね( ; ; )。



「〜したらダメ」と言われると、深く傷つくし、

子供はどう改善していいかわかりません



ダメばかりがインプットされ

否定された気持ちになり自己肯定感が下がってしまいます



そんな時には、「〜しようね」

こんな言い方がいいですよ。


例えば

「走ってはダメ」❌ではなく

「歩こうね」⭕️と伝えるといいんです。

否定語ではなく肯定語に直して伝えるのです。


否定もされずに、やるべきことがしっかりわかる、

そんな伝え方がgood✨✨


特に、動詞を変えるとわかりやすいですよ。

やってみてくださいね。


マンツーマンで聞いてみたい方、

子育てコーチング・カウンセリングがおすすめです💕