top of page

子どもにも「一人一役」役立つ喜び


     

私のしくじり話から教訓(笑)

子ども達が生まれる前から30年近くフルタイムの保育士でした。

持ち帰りの仕事や残業、

なかなかオンオフ切り替えが出来ません。

家庭でお母さんの役割の時間は

いつも切羽詰まって 言いたくないけど

「早く」 と言ってしまうせっかち母さんでした。

家事を楽しく子どもと一緒に

 

との気持ちはあれど、

「時間がかかる」

「手間がかかる」と、

子どもに

「お手伝いする〜」

と言われても

「大丈夫よ」

「急いでいるから」

「今度ね」

などで

とお断りしていました。

すると、どうなったか

10数年後、

家事の苦手な娘を作り上げていました。 それはそれは、見事なもんです。

今となっては頼んでも、

「 出来ない」

「 やった事が無い」

「やる意味が分からない」と😢

あの時楽しく一緒にやっていたらと後悔。

お手伝いは

好奇心を満たし、

学び、

自立への道を作ります。

何より役立つ喜びで自己肯定感を育てます。

下手でも失敗でも

経験からの学びや

自己肯定感の育ちを考えたら

お手伝いのやる意味は絶大。

ひとり一役のお手伝いを。

口を出さずジッと見守り待ちましょう。

しくじった私からの教訓です。

ウインタースクール開催します

保育士・保育教諭で作る チーム「こどもみらいらぼ」 サマースクールに続いて、 この冬も面白いことを企画しています。


もうすぐ募集開始 楽しみにお待ちくださいね。

bottom of page