子育て心理学ベーシック講座開催レポート「ゴールデンウィーク明け登校渋らなかった」



信じられないことに

「ゴールデンウイーク明け、

学校に行き渋るだろうなーと覚悟していたのが、 すんなり、登校してくれたんです。」

と、開口一番に

前回の受講の後の変化を知らせてくれたんです。

いや〜、素晴らしい。

それ以前は

「絶対に行きたくない」と言って、たまに休む。

行きたくないなーを全身で表現するように歩幅20センチずつゆっくり歩く。

「靴箱のところで大声で騒ぐ」

「学校から逃げ出そうとする」

「どうせ、自分なんて、、、」と拗ねる

とにかく、学校に足が進まない毎日。

新年度は、特に手を焼いたと。

それが、それがですよ、

ゴールデンウイーク明けは、

行きしぶりを覚悟していたのに、すんなり登校したんだって言うじゃありませんか。

Cさんと一緒にバンザーイバンザーイ🙌 🙌 ですよ。

ココロ貯金®︎を学んで

Cさんが一番変わったんです。

ちょっと活発な男の子、

いつも周りに謝ってばかり、どうしたら良いのかわからない。

私の子育て、何か間違っているかも。

そんなふうに思っていたと。

ココロ貯金®︎講座を受講していくうちに、 ココロ貯金メソッドを実践し、子どもが変わっていく姿に、

少しずつママとしての自信がついていきました。

ママが変わるから、子どもはもっと変わっていきます。

こんなに変化があったのには

もう一つ、理由が、、。

ココロ貯金の「ベーシック講座」受講のほか、継続でカウンセリングも受けているCさん。

カウンセリングの中で、

新年度明けてすぐに、新担任との面談に備えてサポートノートを一緒に作成しました。

面談の際は、サポートノートに書かれてあることを中心に話を進めてくれ、

「家庭と学校と歩調を合わせていきましょう。」と、先生がおっしゃってくれたことと、

「そのサポートノートに書いてあったことを、担任が取り入れてくれたことで、行きしぶりが大幅に改善したと思う。」

とても良い結果につながっていると話しています。

家庭と学校と共通認識のもと

歩調を合わせ見守っていくことがやはり大切です。

学校での頼りは、やはり担任ですので、信頼関係は外せません。

今回は、しっかりとそこができたので、お子さんにも大きな変化が現れて編んだと感じました。

感想に

「具体的に実践できることや事例、グッツなども紹介してもらえ、早速やってみたいと思います。

わかりやすい、想像しやすいエピソードも紹介してもらいながら話を進めてくれたので、わかりやすく、理解できました。

自分が実践して変わったことを、同じ様にな悩んでいる方にぜひ紹介したい。」

と言ってもらえました。

受講生Cさん

お子さんが変わっていくにつれ、

子育ての自信をつけて、笑顔が増えています。

私の目標にしている、

「世界中の親子を幸せな笑顔にする」

が、また一つ花咲きました。

最高に嬉しい。

これからも応援しているよ

一緒に考えて乗り越えていきましょう。