支援した中学生が完全復帰し、無事卒業式を迎えました。私号泣です。




卒業生の皆さん、保護者の皆さん

ご卒業おめでとうございます。

私、教育相談支援員

としても学校現場で勤務しています。

卒業にシーズンになると思い出すお子さんがいます。

それは、とても嬉しく、とてもとても感動することでした。

支援していたPさんのこと

Pさんは、中1、中2と不登校でした。

週1の頻度で登校していましたが、学校より自宅が安心する場所でした。

小学校の時のいじめがきっかけで登校できなくなっている様子。

学校に来る際も、人目につかないように見計らって登校し

人目につかない様に早退します。

そんな毎日を送っていました。

その後、大きな変化があって

中三の後半は、完全にクラス復帰しました。

ものすごい、成長です。

(その変化の様子は、次回書きますね。)

卒業し位を間近に控えた

ある日、

給湯室に水分補給にきた私。

賑やかな笑い声に、窓から見える運動場に目をやると、

3年生の女子が楽しそうに体育の授業を受けています。

よく見ると、中学校最後の体育の授業だったんでしょうね、

「だるまさんがころんだ」や

「花いちもんめ」などをして楽しそうにしています。

その中に

一番大きな声で笑う、楽しそうなPさんの姿を見つけました。

みんなの中で、ひときわキラキラ輝くPさんの姿に、とても嬉しく思いました。

本当に楽しそう。

これまでの、不登校や色々な事を乗り越え、

クラスの中に、自分の居場所を作り、その中で輝いている。

Pさんの頑張りが報われて、本当に良かった。

15年の人生の中で、

今、一番輝いているだろうな、と

感動して、目頭が熱くなりました。

そして卒業式

でも、もう私には尋ねて来ることはありませんでした。

それで良いんです。

Pさんの新しい世界に飛び出したいく礎になれた、

それで良いんです。

卒業おめでとう