【研修レポート】 リスカするのはするのは気づいて欲しいからではない ある教育機関でこんな研修を受けてきました。 身近な話題の方もいらっしゃるかと思い、レポートで共有したいと思います。 相談支援 日頃の私は、地元の学校で相談支援という仕事をしています。 主に不登校や行きしぶりの問題を抱えているご家庭や生徒の支援です。 いろんな問題を抱える家庭や生徒がいる中、 日々、その背景、見えない事情にも配慮するという感覚を磨いている途中です。 先日「自傷行為」についての 研修に参加したので、レポートととして、 ここに共有したいとおもいます。 ショック 日本の生徒児童の自殺数は、2020年過去最高数となった。 中でも女子高生は2倍に増加。 理由は、学業不振、その他進路に関する悩み、親子関係の不和、健康問題など。 「自傷」リストカット リスカは、故意(自分の意思)による行動という意味では「自殺」と似ているが、 自殺と違うのは、死を望んでいるわけではない。ということ。 死なない程度に自分をきづつけている。というのです。 自傷の方法は2つ 直接的方法、刺す、きる、引っ掻く、ぶつける、など。 間接的方法、過食、拒食、飲酒、薬物など。 10代の子ども リスカの経験があるのは、1割。 そのうち6割が10回以上経験と。 12歳〜13歳 スタート 思春期のゆうつ、反抗、不信感、不満、自我の表現、批判 大人に対しての激しい怒り、恐怖、不安、罪悪感、自責感 相談できない、解決できない生きている実感を味わうために行う。


痛みを持って、不安感を軽減しているのが、リスカという行動となっている。 体の痛みで、心の痛みの鎮痛剤となっている。 自称で心の傷を消した。気持ちを痛みで表している。 というのが気持ち。 言ってみれば生きるために自傷する。 メリット・デメリット メリットは、誰も傷つけず自己解決。 デメリットは、一時凌ぎで、エスカレートする。 程度の軽いことにも自傷を繰り返す。 楽にならずに繰り返し、死にたく無いのに死に向かっている。 傷つけてはダメ自分を大事にしては 言ってはいけない。 その背景にあることに目を向ける。 背景には、DV、虐待、無力化、罪悪感が潜んでいる。 その引き金になっていることに耳を傾ける。 大事なのは、 TALK T・tellー話す A・askー尋ねる L・listenー聴く K・keepsー守る ここまで書いて 辛くて、手を止めました。 ここまでするまでに何があったの? どんな背景があなたを苦しめたの? その苦しみ、辛さ、話して欲しかった。 周りに頼って欲しかった。 でも、それができずに苦しんだんだよね。 辛かったね。苦しかったね。 泣きたかったね。怒りたかったね。 優しくされたかったね。抱きしめられたかったね。 大事な存在だと伝えて欲しかったね。 目の前にいるわけでは無いのに、こんな言葉をかけて泣く。 過去に出会ったあの子の顔を思い出して、 手が震えるほど、嗚咽するほどなく。 私の言葉が、私の存在が、1人で救えるとは思わないけど、 あなたを大事に思っている人は、必ずいるよ。 「助けて」「嫌だよ」「苦しい」「愛して」誰かに伝えて。 聞いてる私たち 実は、カウンセラーは、できることは限られている。 情報は共有するが、感情は引っ張られてはいけない。 負の感情はパワーが強いにで、共倒れにならないように チームで関わるのが大切、ということ。 上の私のように、感情移入しては、本当はいけないんですね。 もし、1人で抱えている あなたや、ご家族の方がいるなら、 誰か力になってくれる方に、協力してもらいましょう。 SOSを出してください。 私も待っています。
















子育て心理学のスピード入門 (知りたいところをギュッとお伝え)


子育て中のママパパにおススメの講座です

子育てに特化した心理学で、すぐにお役に立つ情報満載でお伝えしています。

具体的で、すぐに実行に移せる子育てのポイントが学べますよ。

自己肯定感が高い、心の安定した笑顔の親子を育てます。

ココロ貯金®入門講座でお伝えしている内容は...  □ ココロ貯金®とは  □ ココロ貯金の貯め方  □ 子どもが伸びる話の聞き方  etc

【こんな方におすすめします】 

 ・ 子どもを怒る回数を減らしたい  ・ 子どものやる気を引き出したい  ・ 子どものかんしゃくを減らしたい  ・ 自信がある子どもになってほしい  ・兄弟がもっと仲良くしてほしい ・ いじめられない子、いじめをしない子になってほしい

【お母さんの変化】  ・子育ての迷いが減る  ・子どもとの関係が良好になる  ・お母さんの心の軸が安定する  ・不必要に子どもを怒鳴らなくなる


【子どもの変化】  ・かんしゃくが減る  ・きょうだいが仲良しになる  ・言えばわかる子どもに変わる 

 ・自分から進んで行動出来る

 前回、入門講座を受講された方のご感想です 

🌺頭ではわかっていても実際に出来てない部分とかあったりして、再認識することが出来たし、また今日初めて聞いたお話もあって実践してみようと思いました。今日聞いた事、学んだ事を意識して取り入れてみようと思います。 糸満市 R・Aさん  3歳男の子  2歳女の子  のママ




🌺 以前にも、ココロ貯金の話は聞いていたのに、日々の中で活かされていなかったと思いました。 今回、入門講座をうけて、即実行しようと思います。 (息子さんが)1年生だからと、甘えてきても強く言ってしまったり、命令口調になってしまったり、衝突することもしばしばありました。 聴く・触れる・認めるを意識していこうと思うます。 10歳までにすることが早く判ってよかった。 那覇市 T・Aさん    小学1年生男児のママ



🌺ココロ貯金、怒るのではなく叱ること、危険なこと迷惑をかけた時以外は叱らない。 ふだんの生活ので、どのように伝えていくか工夫したいが、いろいろやり方を悩みそうなので、ベーシックのほうも受けて学びたいです。 普段いかに自分が怒っていたか改めて気が付いた。 那覇市  Y・S さん5歳女の子、2歳男の子のママ

 



🌺ココロ貯金は聞いたことはありましたが、その貯め方を知ることができて納得できました。 子どもたちの笑顔が大好きなので、その笑顔を引き出せるように「25%」のタイミングでほめる、認めてあげることを意識して触れ合っていきたいと思います。 豊見城市  M・Tさん 小3・小1男の子、保育園年少女の子のママ 

1回の受講でママもお子さんも、心が安定して大きな変化が現れます。 即効性、効果が抜群です。受講された方の変化がすごいんですよ

「もっと早く知りたかった」とのお言葉をいただいていますよ

ご感想にもあるように、10歳までに出来る事がたくさんあります。 是非ご参加下さいね。

子育てコンシェルジュの与座保子は、

心理学・カウンセリングをを学んだ、子育て心理学カウンセラーの保育士です。


私にしか伝えられない、子どもの心の事・ママの心の事・

そして保育実践で培ったたくさんの子育てのノウハウ。

きっとあなたの知りたいが見つかります。

ぜひ会いに来てください。

世界中の親子の笑顔を守りたい。

子育て応援番長になりたいのです。




詳しくお知りになりたい方はこちら

⏬ ⏬ ⏬

https://resast.jp/events/661618



毎年初め、書初めを目にすると思い出すことがあります🖌

子どもが小学生の頃

授業参観にいった時の事。

3年生の娘のクラスの壁に、書初めが飾られていました。 新年らしく「春」🌸「夢」🌷のような言葉の中に「寝」💤と書かれた書初め。

おっとー、こんなふざけたこと書く子もいるんだー。面白い子もいるもんだ🤣

娘は「何の文字書いたかな〜」

「きちんと書けてるかな〜」なんて思いながら探しました。そしたらね、、、。

はい、お察しの通り「寝」と書かれた書初めには娘の名前が、、。 「嘘でしょ💧」

「恥ずかしい💦」

「おうちでどんな教育してるのか先生が思っただろうな😭」

でね、おうちに帰ってきて、

叱り💢ましたよね。

「どうしてそんなふざけた文字にしたのか」って。 帰ってきた答えは

「好きな言葉でいい」って言ったから、

「先生に漢字を聞いて書いた」って答え💧

今では、家族で

「おかしいね😁」

「親の顔が見てみたい😁」

「いや、あなたの親とおんなじですが🤣」

な〜んて笑い話だけど。 あの時は、「なんで反抗するの!キーッ」💢でした。

なんで怒るかってね

脳裏に担任の先生の顔が浮かんでました。はい。

「寝る、って漢字教えて」👧

と言われた先生は、娘のことをどう思っただろう💦

「ダメなお母さんと思われる」

「書初めを見本通りの文字を書くべき」

「勉強は真剣に取り組まねばいけない」と、

娘の姿を通した親の評価を非常に気にする私

べき・ネバを娘に押し付けようとした私

自分がどうみられているか、嫌われないか、

人の目ばかり気にする超ネガティブな私がいました。

でもね今思えば、

その学年終了後、担任お先生とは一度もお会いすることはありません。

だったら、先生の目を気にすることは全くない。

他人の評価なんて、気にすることなかったんです✨✨✨✨ それよりも何よりも、

「寝」とかいた娘の気持ちを聞いて一緒に楽しめば良かった😍

誰の真似でもない自由な発想を認めてあげれば良かった🤗

今ならわかる

そのほうが娘の自己肯定感は上がったがろうに⤴️⤴️

子どもを自分の評価のバラメーターにすることはど、馬鹿げた子育てはない、と。 あの時の自分に伝えたい。

小さな失敗も笑い飛ばしたほうが絶対に幸せ。

「この子は素敵の子💕に育つよ、笑顔😃を見せてあげて」と。

こんなしくじり先生な私なんです。

失敗したから分かる、本当に進むべき子育ての道のり。

遠回りしてきたけど、すぐ近くに正解があった。

それに気づいてなかっただけ。

だから、こそ 私に伝えられることがあります。

あなたの子育てを全力で応援しています。